ライブラリ -エキスパートの症例から泌尿器科疾患を学ぶ-

総合監修コメント

監修のコメント

これからの泌尿器科専門医は我が国の高齢化に伴い増加が予想される排尿障害、尿路性器悪性腫瘍、慢性腎疾患などに対する専門的知識と診療技能を持ちつつ、高齢者に多い一般的な併存疾患にも対応できる能力が求められている。若手の先生方の診療技能のスキルアップには、実際に数多くの症例を経験することが重要であるが、他の先生が経験された症例から学ぶことも多い。
本コンテンツは、泌尿器科専門研修プログラムにも取り上げられている「各種症状・徴候」をきたす疾患について、エキスパートの先生からその症状・徴候を示す具体的な症例を提示いただいた。
そして、その症例をもとに鑑別診断をおこなうためのポイントを、必要な検査、間違いやすい疾患、治療など含めて解説、最後に担当した先生の実践的なコメントを掲載いただいた。このような構成にすることで、鑑別診断する上でのポイントをよりイメージいただけるようにした。
なお、若手の泌尿器科専門医のみならず泌尿器科非専門医の先生方にも、このような症状に日常診療で遭遇した場合の診断におけるポイントとして是非とも目を通していただきたい。
本企画が実際の臨床の場面で患者と向き合う先生方の診療の一助になれば幸いである。
名古屋大学大学院医学系研究科
病態外科学講座 泌尿器科学 教授
後藤 百万

最新記事

頻尿をきたす疾患

A4 2P (323.4 KB)

名古屋大学大学院医学系研究科 泌尿器科学 講師 松川宜久 先生
頻尿症状は下部尿路症状のなかでも困窮度が高く、生活の質(QOL)に影響を及ぼしやすいといった報告がみられます。疫学調査においても、頻尿症状を有している割合は高く、夜間頻尿や尿意切迫感などを主訴に病院やクリニックを受診される方も少なくありません。しかしながら、その一方で、頻尿をきたす疾患(病態)は多くみられ、その鑑別が困難な場合もあります。今回、実臨床でみられた症例をもとに、頻尿症状に対するアプローチについて考えたいと思います。

すべての記事

頻尿をきたす疾患

A4 2P (323.4 KB)

名古屋大学大学院医学系研究科 泌尿器科学 講師 松川宜久 先生
頻尿症状は下部尿路症状のなかでも困窮度が高く、生活の質(QOL)に影響を及ぼしやすいといった報告がみられます。疫学調査においても、頻尿症状を有している割合は高く、夜間頻尿や尿意切迫感などを主訴に病院やクリニックを受診される方も少なくありません。しかしながら、その一方で、頻尿をきたす疾患(病態)は多くみられ、その鑑別が困難な場合もあります。今回、実臨床でみられた症例をもとに、頻尿症状に対するアプローチについて考えたいと思います。