ライブラリ -エキスパートが答える
症例に学ぶ見逃してはいけないサイン-

紹介内容には、解説者の知識、経験、方針に基づく私見が含まれている場合があります。薬剤の使用にあたっては、各薬剤の最新の添付文書をご参照ください。

総合監修コメント

監修のコメント

耳鼻咽喉科外来における日常診療では患者数も多いため、短時間に的確に診断し、治療方針を決定する必要がある。各々の主訴に対して頻度の高い疾患を順に考えていくことで多くは診断できるが、その裏でたとえ多忙な外来の中であっても「見逃してはいけないサイン」に気付かず、思わぬミスを犯す危険性がある。
このようなサイン・兆候を単発的に取り扱い解説・報告している書籍はあるが、主要な耳鼻咽喉科疾患の主訴を取り上げ、耳鼻咽喉科外来を訪れる患者に潜むサイン、診療上見落としてはならないポイントについてWeb上にて解説した本企画は初めての試みと言える。
本コンテンツの内容は、まずその主訴を特徴とする主要疾患の具体的な症例を提示し、自他覚的症状や検査所見の解説をし、次いでその主訴で訪れる患者の鑑別診断において「見逃してはいけないサイン」を記した。さらに、診断のポイントならびに疑うべき疾患を解説し、最後に担当した医師の実践的なコメントを掲載している。このような構成にすることで、実地医科の先生方に「見逃してはいけないサイン」をよりイメージいただけるようにした。
本コンテンツは単に「見逃してはいけないサイン」の羅列ではなく、一つの主訴に対する鑑別診断や診療の進め方に関しても詳述されており、耳鼻咽喉科診断学の教科書としても通用する内容となっている。
若手の先生のみならずベテランの先生方にも、日常診療における重要な留意事項として是非とも目を通していただきたい。
本企画が実際の臨床の場面で患者と向き合う先生方の診療の一助になれば幸いである。
鹿児島大学大学院医歯学総合研究所
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 教授
黒野 祐一

一覧情報

めまい (目の前が暗くなる、意識が遠くなる)

A4 2P (296.9 KB)

帝京大学医学部附属溝口病院 耳鼻咽喉科 教授 室伏 利久 先生
目の前が暗くなる、あるいは意識が遠くなるという症状は「失神性めまい(syncopic vertigo/dizziness)」とされ、「めまい」を訴える症例のなかに少なからず存在する症状である。一方で、症状が一過性であること、また、原因疾患がさまざまな診療科にまたがることなどから、確定診断にいたることが難しい症状でもある。しかし、適切な検査や問診により、原因を特定してゆくことも可能である。

鼻出血 (鼻血が出る)

A4 2P (349.2 KB)

東邦大学医療センター大橋病院 耳鼻咽喉科 教授 吉川 衛 先生
鼻出血(鼻血が出る)は、日常診療において頻繁に遭遇する症候の一つである。原因となる疾患は多岐にわたり、炎症や外傷によるものだけでなく、全身的要因が背景に存在することもあり、反復する場合は特に注意が必要である。

咳嗽 (咳が出る、ノドが痛い)

A4 2P (246.1 KB)

藤田保健衛生大学 耳鼻咽喉科・気管食道科 教授 内藤 健晴 先生
肺に明確な異常のない慢性咳嗽の原因は多岐にわたり単純ではない。その中で、耳鼻咽喉科領域では、喉頭アレルギーと後鼻漏が重要な原因としてあげられる。しかし中には見逃してはならないまれな原因疾患も存在するので、注意が必要である。

口内炎 (口の中が痛い、口の中がしみる)

A4 2P (228.6 KB)

旭川医科大学 頭頸部癌先端的診断・治療学講座 特任教授 林 達哉 先生
※詳細はPDFファイルをご覧ください。

鼻閉 (鼻がつまる)

A4 2P (229.1 KB)

鳥取大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 教授 竹内 裕美 先生
鼻閉(鼻づまり)は鼻副鼻腔領域で最も多い訴えの1つである。多くの場合は、鼻粘膜の腫脹、鼻腔ポリープなどによる鼻腔通気性の低下が原因である。しかし、患者の訴える鼻閉は「鼻閉感」であり、必ずしも鼻腔通気性の低下が原因となっているとは限らない。前鼻鏡検査や鼻腔通気度検査で鼻腔通気性は正常であるにもかかわらず、鼻閉を訴える場合があることを忘れてはならない。