ライブラリ -エキスパートの症例から泌尿器科疾患を学ぶ-

紹介内容には、解説者の知識、経験、方針に基づく私見が含まれている場合があります。薬剤の使用にあたっては、各薬剤の最新の添付文書をご参照ください。

総合監修コメント

監修のコメント

これからの泌尿器科専門医は我が国の高齢化に伴い増加が予想される排尿障害、尿路性器悪性腫瘍、慢性腎疾患などに対する専門的知識と診療技能を持ちつつ、高齢者に多い一般的な併存疾患にも対応できる能力が求められている。若手の先生方の診療技能のスキルアップには、実際に数多くの症例を経験することが重要であるが、他の先生が経験された症例から学ぶことも多い。
本コンテンツは、泌尿器科専門研修プログラムにも取り上げられている「各種症状・徴候」をきたす疾患について、エキスパートの先生からその症状・徴候を示す具体的な症例を提示いただいた。
そして、その症例をもとに鑑別診断をおこなうためのポイントを、必要な検査、間違いやすい疾患、治療など含めて解説、最後に担当した先生の実践的なコメントを掲載いただいた。このような構成にすることで、鑑別診断する上でのポイントをよりイメージいただけるようにした。
なお、若手の泌尿器科専門医のみならず泌尿器科非専門医の先生方にも、このような症状に日常診療で遭遇した場合の診断におけるポイントとして是非とも目を通していただきたい。
本企画が実際の臨床の場面で患者と向き合う先生方の診療の一助になれば幸いである。
名古屋大学大学院医学系研究科
病態外科学講座 泌尿器科学 教授
後藤 百万

最新記事

腹圧性尿失禁をきたす疾患

A4 3P (347.3 KB)

埼玉医科大学病院泌尿器科 准教授 篠島利明 先生、教授 朝倉博孝 先生
腹圧性尿失禁は、女性の尿失禁と考えられ、最もQOLに影響を及ぼす疾患である。腹圧性尿失禁の頻度は、中高年女性尿失禁の半数(約49%)を占めており、次いで混合性尿失禁29%、切迫性尿失禁21%と報告されている。腹圧性尿失禁の頻度は、出産後にピークがあり、加齢とともに60歳以後、徐々に上昇する。男性の腹圧性尿失禁は、前立腺摘出術後などの特別な状況以外は認めることは少ない。今回、骨盤臓器脱に合併した腹圧性尿失禁症例について述べる。

すべての記事

腹圧性尿失禁をきたす疾患

A4 3P (347.3 KB)

埼玉医科大学病院泌尿器科 准教授 篠島利明 先生、教授 朝倉博孝 先生
腹圧性尿失禁は、女性の尿失禁と考えられ、最もQOLに影響を及ぼす疾患である。腹圧性尿失禁の頻度は、中高年女性尿失禁の半数(約49%)を占めており、次いで混合性尿失禁29%、切迫性尿失禁21%と報告されている。腹圧性尿失禁の頻度は、出産後にピークがあり、加齢とともに60歳以後、徐々に上昇する。男性の腹圧性尿失禁は、前立腺摘出術後などの特別な状況以外は認めることは少ない。今回、骨盤臓器脱に合併した腹圧性尿失禁症例について述べる。

血尿をきたす疾患

A4 3P (384.9 KB)

関西医科大学 腎泌尿器外科学講座 助教 松崎和炯 先生、教授 松田公志 先生
血尿は悪性疾患を疑う重要なサインです。見逃してはならない悪性疾患を鑑別の中心に置きながら、同時に患者の症状(腰背部痛、排尿時痛など)を汲み取り、 その他の鑑別・治療を進める必要があります。外来での検査を中心に鑑別方法を確認しましょう。

混濁尿をきたす疾患

A4 2P (354.9 KB)

香川大学医学部附属病院 泌尿器・副腎・腎移植外科 助教 宮内康行 先生
混濁尿を診た場合、多くは尿路感染を契機とした膿尿あるいは血膿尿であり、通常排尿痛や頻尿など何らかの症状を有する。一方、無症状で混濁を呈するものは、塩類の析出によるものが多い。本稿では、近年遭遇することが少なくなった乳び尿症の実例をもとに、混濁尿に対するアプローチを考察する。

無尿をきたす疾患

A4 2P (396.8 KB)

福島県立医科大学医学部 泌尿器科学講座 赤井畑 秀則 先生
何らかの原因で尿量が減少し、1日の尿量が400mL以下になることを乏尿、100mL以下になることを無尿と定義されます。排尿はありませんが膀胱内には尿が充満している尿閉とは区別されます。
今回は実際の症例を提示しながら、無尿の鑑別について考えていきます。

排尿困難をきたす疾患

A4 3P (531.0 KB)

山梨大学大学院総合研究部 泌尿器科学 講師 澤田 智史 先生
一般的に排尿困難をきたす病態は大きく分類すると以下の3パターンに考えると理解しやすい。1;前立腺肥大症、前立腺癌、尿道狭窄、膀胱結石などの下部尿路閉塞疾患、2;膀胱の収縮力の低下、低活動膀胱、臓器脱、骨盤底筋の脆弱化などの排出の障害、3;神経の障害によるもの、神経疾患(脳疾患、脊椎疾患、末梢神経疾患、筋疾患)である。ここでは中高年男性に多い前立腺肥大症の1例を紹介する。