学術情報

「耳鼻科」「呼吸器」「小児科」「感染管理」などの各領域の最新学術情報をご紹介しています。

E・N・T Flash

耳鼻咽喉科領域で Impact Factor の高い雑誌から厳選した最新学術論文の日本語アブストラクトをご紹介します。

新着情報-News-

  • 2019年4月 E・N・T Flash Vol.31
    1. 鼻茸上皮ではアセチルコリン刺激による線毛運動が低下している
      Do HB, et al. Clin. Otolaryngol. 2019 Feb 14. doi: 10.1111/coa.13312. [Epub ahead of print]
    2. 慢性副鼻腔炎患者の内視鏡下副鼻腔手術後の満足には、術前の期待との合致、最重要症状の改善、評価指標の変化の大きさが影響する
      Mattos JL, et al. Int. Forum Allergy Rhinol. 2019 Feb 12. doi: 10.1002/alr.22309. [Epub ahead of print]
    3. 持続性アレルギー性鼻炎患者においてプロバイオティクスの追加投与はQOLを改善させる
      Jalali MM, et al. Laryngoscope 2019 Feb 22. doi: 10.1002/lary.27858. [Epub ahead of print]
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

AJRCCM (ブルージャーナル)

ATSの学会誌であるAmerican Journal of Respiratory and Critical Care Medicineから厳選した論文の日本語アブストラクト3報を刊行約2週間後にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2019年04月 PART 02
    1. コレステリルエステル転送蛋白は敗血症時の高比重リポ蛋白(HDL)レベル及び生存率に影響する
    2. 分子署名及びバソプレシン療法への反応性が異なる急性腎障害の亜表現型の特定
    3. 米国におけるオゾン及び微小粒子状物質(PM2.5 )と呼吸器救急外来受診との年齢特異的な関連性
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

BVUT

BVUTは泌尿器領域の最新情報をお届けすることを目的とし,以下の英文より編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から選択した論文のアブストラクトを日本語でご紹介する刊行物です:
BJU International, International Journal of Urology,
LUTS: Lower Urinary Tract Symptoms, Neurourology and Urodynamics

新着情報-News-

  • Vol.1 No.5 February 2019
    • 移植前のdefunctionalized bladder―過大評価された病態か
    • 過活動膀胱患者に対する仙骨神経刺激療法に関する大規模前向き試験:ベースラインの症状の重症度と治療成功率
    • 女性の尿道長の人口統計学的特徴
    • 高解像度マノメトリーにより評価した女性の尿禁制メカニズム:尿道注入療法と中部尿道スリング術の比較
    • 術前化学療法後の根治的膀胱全摘除術の最適な時期の決定
    • 前立腺肥大症に対する前立腺動脈塞栓術の有効性と安全性:観察研究およびプロペンシティスコアマッチングによる経尿道的前立腺切除術との比較(UK-ROPE試験)
    • 日本人過活動膀胱患者における新規β 3 アドレナリン受容体作動薬ビベグロンの長期安全性および有効性:第III相前向き試験
    • 経尿道的結石破砕術後の短期間の尿管外ステント留置はルーチンのダブルJステント留置よりも有効性が有意に高い:前向き無作為化試験-Fast track stent study(FaST)

Laryngoscope

Laryngoscope日本語版は英文誌として発刊されている耳鼻科関連論文の中から編集委員がセレクトしたものを和訳にしてご紹介したものです。

新着情報-News-

  • 2019年04月

    Vol.16 No.1 2019 日本語版

    2018年7月~10月掲載論文

    [Full Articles]

    • 人工内耳手術後のめまいの自覚症状および前庭検査に関するメタアナリシス
    • 頭頸部の化学放射線療法の患者選択マーカーとしての導入化学療法のメタアナリシス

    [Abstracts]

    • 急性前庭神経炎における 4 時間遅延ガドリニウム造影 3D FLAIR MR 画像の臨床的価値
    • アブミ骨プロテーゼの直径は重要な問題か?プロスペクティブ臨床研究
    • 非炎症性耳疾患の手術時の鼓索神経保存の可能性:システマティックレビュー
    • 真珠腫における Mucosal Traction(粘膜牽引)説に対する反証
    • 耳閉感を呈する顎関節症患者における MRI の臨床的意義
    • 耳介偽嚢腫におけるゴム製止血シートと綿球によるサンドイッチ圧迫
    • 難治性の眼周囲筋の共同運動に対する選択的神経切断術の長期成績
    • 嗅覚トレーニングの効果とトレーニングの複雑さおよび嗅覚喪失の原因との関連の検討
    • 経口的ロボット手術後に経頸部的動脈結紮を受けた患者における First Bite Syndrome
    • 神経再建と声帯内注入術を比較する長期プロスペクティブ研究
    • 喉頭切除術後のカスタマイズした人工気管による気管食道瘻の治療
    • 不顕性誤嚥:どのような患者がハイリスクか?
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

外部サイト -学術情報-

KYORIN REUTERS NEWS

ロイターニュースのなかから、「呼吸器」「小児科」「感染管理」の各領域における最新トピックスを厳選してお届けします。

新着情報-News-

  • 2019年4月19日
    • 研究者によれば汚染された空気で20ヵ月短命になる可能性
    • ラテン系若者では喘息薬の使用に差がある
    • 9.11緊急対応者のメタボリックシンドロームは肺障害の予測因子である可能性
    • 前立腺特異的リガンド使用PETは前立腺がん再発の部位を正確に特定
    • 核出術は前立腺肥大症の男性に対する優れた治療選択肢である可能性がある
    • CTおよびMRIは難聴小児の治療を変えるものではない
    • 南アジア人は大気汚染の致死的健康リスクを認識していない
    • 気候の温暖化に伴いジカ熱およびデング熱は最大でさらに10億人に脅威をもたらす
    • 救急医は蜂窩織炎患者を外来静注抗菌薬療法に安全に紹介することが可能
    • 麻疹が流行しているニューヨーク州でワクチン未接種児は公共の場への立ち入り禁止に直面
    • 心内膜炎における経口抗生剤への切り替えは長期生存を改善する可能性
    • イソニアジド-リファペンチン併用によりHIV患者での結核予防療法が劇的に短縮
    • 世界は必ず訪れるインフルエンザの次の世界的流行に備えなければならない、とWHOが警告
    • 中耳炎のエピソードはPCV13の導入後に減少
    • 在宅医療患者の日常生活動作における要介護状態はUTIによる入院のリスク因子
    • 抗生物質は大抵、推奨投与期間を超えて処方されている
    • 高齢者のUTIには抗生物質を早期投与するのが最も安全である可能性がある
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

ドクターサロン

ドクターサロンはラジオNIKKEI(短波)で放送している医師向け番組『ドクターサロン』を冊子にしたものです。
ラジオ番組ドクターサロンは臨床医の先生方の身近な問題にお答えする番組です。

新着情報-News-

  • ドクターサロン62巻11月号(10.2018) 
    • マイコプラズマ肺炎(東京医科大学病院感染制御部教授 渡邉秀裕 先生)
    • 心内血栓の治療と最新トピックス(聖路加国際病院心血管センター循環器内科副医長 中村浩章 先生)
    • インフルエンザ検査キット(聖マリアンナ医科大学感染症学教授 國島広之 先生)
    • 腎障害末期や透析時の搔痒(東京女子医科大学第四内科教授 新田孝作 先生)
    • パーキンソン病(順天堂大学脳神経内科先任准教授 下泰司 先生)
    • HIV感染予防投薬PrEP(国立国際医療研究センターエイズ治療・研究開発センター 水島大輔 先生)
    • 乳幼児の嘔吐・下痢を伴う胃腸炎(国立成育医療研究センター総合診療部統括部長 窪田満 先生)
    • 乳幼児の鼻づまり(東京慈恵会医科大学附属第三病院小児科教授 勝沼俊雄 先生)
    • 微生物の遺伝子情報とAMR対策(国立感染症研究所病原体ゲノム解析研究センター長 黒田誠 先生)
    • 畜産・水産領域での耐性菌(酪農学園大学動物薬教育研究センター教授 田村豊 先生)
    • AMR対策アクションプラン(厚生労働省健康局結核感染症課課長補佐 髙倉俊二 先生)
ドクターサロン掲載記事のバックナンバーをご覧いただけます。
なお、番組で取り上げる質問は、ドクターサロン冊子購読者の先生方(医師)からの質問のみとさせていただいておりますのでご了承下さい。