学術情報

有益な医学・薬学的情報の提供を通して医療に貢献することを目的に、これらの学術情報を医療関係者の方々に提供しています。

学術情報には本邦における未承認の医薬品、効能・効果及び用法・用量等の情報が含まれる場合がありますが、これらを推奨するものではありません。

これらの学術情報を受領される際には、以下の内容をご確認ください。

  • 学術情報に記載された薬剤の使用にあたっては、各薬剤の添付文書(最新版)をご参照ください。
  • 学術情報は医療関係者からの求めに応じて提供するものであり、企業が積極的に提供するものではありません。
「耳鼻科」「呼吸器」「小児科」「感染管理」などの各領域の最新学術情報をご紹介しています。

Asthma Flash

シュプリンガー・ジャパン株式会社が、呼吸器科領域で Impact Factor の高い雑誌から『喘息の病態や治療』に関連した最新学術論文を厳選し翻訳したアブストラクトを、毎月1日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年11月2日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:2型炎症バイオマーカーの複合スコアでステロイド薬の用量が調整できるかどうかを検討した研究です。標準的アルゴリズムに代わる方法としてFENO、血中好酸球数、血清ペリオスチン値を組み合わせたスコアを用いています。

    NEWS 2:喘息とCOVID-19の転帰との関連についての韓国の文献を取り上げました。Vol. 1でご紹介したニューヨーク市とは異なる結果になっており、COVID-19についてはまだ不明な点が多くあることが示唆されます。

    NEWS 3:喘息と男性ホルモンであるテストステロンとの関連についての研究です。英国の成人25万人以上を対象に検討したところ、男女ともテストステロン値が高い方が喘息のオッズ比が低いことが報告され、興味深い結果となっています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

E・N・T Flash

シュプリンガー・ジャパン株式会社が、耳鼻咽喉科領域で Impact Factor の高い雑誌から厳選し翻訳した最新学術論文の日本語アブストラクトを、毎月1日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年11月2日 翻訳者からの推奨コメント

    NEWS 1:鼻汁サンプル中のバイオマーカーを用いて、慢性副鼻腔炎患者の内視鏡下副鼻腔手術後の転帰不良を予測できることを報告した文献を取り上げました。鼻汁サンプルは非侵襲的に採取できるため、実用化されれば非常に有用と思われます。

    NEWS 2:良性発作性頭位めまい症(BPPV)に対する耳石置換法の研究についてご紹介しています。耳石置換法によってめまいのみならず、歩行機能や平衡障害が改善する可能性が示唆されました。

    NEWS 3:NEWS2と同じくBPPVの文献を取り上げています。視覚刺激下でのBPPV患者のバランス能力を若年健康対照者および高齢健康対照者と比較しています。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

AJRCCM (ブルージャーナル)KYORIN SELECTION

ATSの学会誌であるAmerican Journal of Respiratory and Critical Care Medicineから、喘息とCOPDの論文を中心に毎月3報の日本語アブストラクトをご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年11月
    1. 増悪を起こしやすい喘息のエビデンスと増悪頻度を予測するバイオマーカー
    2. 肺気腫を阻止する重要な内因性メディエーターとしての内皮HIF-2α
    3. 様々な酸素送達方法による気道からのエアロゾル発生
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

BVUT

BVUTは泌尿器領域の最新情報をお届けすることを目的とし,以下の英文より編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から選択した論文のアブストラクトを日本語でご紹介する刊行物です:
BJU International, International Journal of Urology,
LUTS: Lower Urinary Tract Symptoms, Neurourology and Urodynamics

新着情報-News-

  • Vol.3 No.3 October 2020
    • 男性の二次性夜間多尿および夜間多尿症候群における夜間利尿率がピークとなる時点の比較
    • 外科療法の適応となる骨盤臓器脱の女性における腹圧性尿失禁の診断のための咳ストレステスト
    • 複合的な支援ニーズのある高齢男女において尿失禁および便失禁は転倒リスクと独立して関連する:ニュージーランドの地域住民を対象とする研究
    • 骨盤臓器脱に対する合成メッシュを使用しない従来の手術と合成メッシュを使用した手術とを比較する多施設共同無作為化試験:5年間の追跡調査
    • 前立腺癌の予測のためのMRIに基づく新規モデルの外部検証
    • 前立腺摘除術後の前立腺床における再発に対する定位放射線療法:
      多施設共同症例集積研究
    • ステージ3~5の慢性腎臓病患者に対する腎部分切除術中の阻血回避手技は有益か?
    • 泌尿器科手術を受けた高齢患者における術後せん妄の発現率とリスク因子:
      多施設共同前向き研究

Laryngoscope

Laryngoscope日本語版は英文誌として発刊されている耳鼻科関連論文の中から編集委員がセレクトしたものを和訳にしてご紹介したものです。

新着情報-News-

  • 2020年8月

    Vol.17 No.2 2020 日本語版

    2019年11月~2020年2月掲載論文

    [Full Articles]

    • ヒト保存側頭骨を用いた有毛細胞の領域別残存率の評価
    • 外来での喉頭手術に用いる局所麻酔手技:患者の選好の比較

    [Abstracts]

    • インフルエンザ伝播の季節性パターンの生理学的モデル
    • 一側性難聴患者に対する人工内耳手術の多面的な好影響
    • 経乳突的に上鼓室に挿入した内視鏡による真珠腫手術終了時の人工耳小骨調整のベネフィット
    • 高度の両側前庭機能低下症患者におけるVOR適応訓練および維持
    • 1箇所切開による腓腹神経採取:顔面神経交差移植術のための技術的検討
    • 特発性再発性顔面神経麻痺患者における手術成績:まれな臨床像
    • 篩骨動脈を有茎とするseptal floor rotational flapを用いた内視鏡下頭蓋底再建術
    • 2008~2017年に経験した副鼻腔真菌症1,717症例のレトロスペクティブ解析
    • 小児扁桃切除術と小児扁桃摘出術の術後合併症に関する比較:一般住民ベースのコホート研究
    • 先天性喉頭軟弱症は炎症性疾患か?ビタミンDの役割
    • 高リスクの頭頸部皮膚扁平上皮癌に対するセンチネルリンパ節生検
    • 耳鼻咽喉科- 頭頸部外科における機械学習の最新レビュー
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

Head & Neck Radiology Imaging

耳鼻咽喉科医の扱う頭頸部外科の代表的病態の画像診断について解説いたします。

新着情報-News-

  • vol. 18 頭頸部領域の外傷診断(顔面骨、眼窩、側頭骨など)

    順天堂大学 放射線診断学講座 齋藤 尚子 先生


    [主な内容]

    • 頭頸部領域の外傷の検査法
    • 顔面骨骨折
    • 側頭骨骨折
    • 眼窩の外傷
    • 頭頸部の穿通外傷
    • 文献
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

外部サイト -学術情報-

KYORIN REUTERS NEWS -Common Disease-

兼松ウェルネス株式会社が、ロイターニュースのなかから厳選し翻訳した「呼吸器」、「耳鼻咽喉」、「泌尿器」、「消化器」、「小児」の各領域における最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年11月20日 翻訳者による今月のおすすめニュース

    耳鼻咽喉

    「蝸牛インプラントは一側性難聴児の音声知覚を改善」は、蝸牛インプラントを受けたほとんどの一側性難聴児において、静かな場所でも雑音がある場所でも、臨床的意義のある音声知覚の改善が認められることを示した新規研究の結果に関するニュースです。Priorityニュースに指定されています。


    泌尿器

    「低リスク前立腺がんの黒人男性にとって積極的監視療法は安全な選択肢」は、低リスク前立腺がんのアフリカ系アメリカ人にとり、積極的監視療法は、安全な選択肢と思われることを示したレトロスペクティブ解析の結果に関するニュースです。Priorityニュースに指定されています。


    呼吸器

    「抗IL-5生物製剤は重症喘息において最長2年間有効であるが残存疾患は依然としてある」は、重症好酸球性喘息の80%超が抗IL-5抗体薬に反応したが、69%が持続性気流閉塞、コントロール不良な喘息症状その他の残存疾患の徴候を経験したことを示す2年間のフォローアップ研究についてのニュースです。


    小児

    「ソーシャル・ディスタンシングはCOVID以外の呼吸器疾患による小児入院の減少に関連」は、SARS-CoV-2への対応策として2020年春にマサチューセッツ州で導入されたソーシャル・ディスタンシング施策により、入院を必要とする小児の他の呼吸器疾患が低減された可能性があることを示す小規模研究に関するニュースです。


    消化器

    「寛解期の炎症性腸疾患患者には過敏性腸症候群症状がよく見られる」は、寛解期にある炎症性腸疾患患者の約1/3が過敏性腸症候群に関連する症状を報告していることを示す新規システマティックレビューとメタ解析に関するニュースです。

注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

KYORIN REUTERS NEWS -Infection Control-

感染管理に精通した医師と看護師からなる監修委員会が、ロイターニュースのなかから厳選した「感染管理」の最新トピックスを、毎月20日にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年11月20日
    • 蛇口エアレーターキットは病室の汚染を低減する可能性がある
    • 新型コロナウイルスは、2つの「鍵」を使用して細胞に侵入する
    • インフルエンザ予防接種がCOVID-19の予防に役立つ可能性
    • COVID-19は抗菌薬スチュワードシップ実践の弱体化と関連
    • 迅速なCOVID-19検査が感染管理と患者アウトカムの改善の鍵である
    • COVID-19抗原検査はまだ感染能のある患者を特定するのに優れている
    • COVID-19抗体は3ヵ月以上持続する
    • SARS-CoV-2の垂直感染は稀だが起こり得る
    • 新型コロナウイルスはヒトの皮膚上で9時間生存する
    • 病院におけるCOVIDの感染リスクはICUスタッフで最も低く、清掃員で最も高い
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。