学術情報

有益な医学・薬学的情報の提供を通して医療に貢献することを目的に、これらの学術情報を医療関係者の方々に提供しています。

学術情報には本邦における未承認の医薬品、効能・効果及び用法・用量等の情報が含まれる場合がありますが、これらを推奨するものではありません。

これらの学術情報を受領される際には、以下の内容をご確認ください。

  • 学術情報に記載された薬剤の使用にあたっては、各薬剤の添付文書(最新版)をご参照ください。
  • 学術情報は医療関係者からの求めに応じて提供するものであり、企業が積極的に提供するものではありません。
「耳鼻科」「呼吸器」「小児科」「感染管理」などの各領域の最新学術情報をご紹介しています。

E・N・T Flash

耳鼻咽喉科領域で Impact Factor の高い雑誌から厳選した最新学術論文の日本語アブストラクトをご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年04月 E・N・T Flash Vol.43
    1. NSAID増悪呼吸器疾患において、オマリズマブは有効な治療選択肢である
      Forster-Ruhrmann U, et al. Rhinology 2020 Feb 20. doi: 10.4193/Rhin19.318. [Epub ahead of print]
    2. 慢性中耳炎では前庭症状の発生率が高く、姿勢制御が不良である
      Monsanto RDC, et al. J. Vestib. Res. 2020 Feb 15. doi: 10.3233/VES-200691. [Epub ahead of print]
    3. 慢性副鼻腔炎において、治療後の嗅覚の変化は内視鏡スコアの変化と関連しているが、QOL指標とは関連しない
      Thomas AJ, et al. Int. Forum Allergy Rhinol. 2020 Feb 3. doi: 10.1002/alr.22532. [Epub ahead of print]
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

AJRCCM (ブルージャーナル)KYORIN SELECTION

ATSの学会誌であるAmerican Journal of Respiratory and Critical Care Medicineから厳選した論文の日本語アブストラクト3報を刊行約2週間後にご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年03月 PART 02
    1. SPIROMICSにおいてSERPINA1のレアバリアントが肺機能及び気腫に及ぼす影響
    2. 特発性肺線維症の感受性に関するゲノムワイド関連研究
    3. 肥満低換気症候群における気道陽圧療法施行に伴う心エコー像の変化
      Pickwick長期無作為化比較臨床試験
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

BVUT

BVUTは泌尿器領域の最新情報をお届けすることを目的とし,以下の英文より編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から選択した論文のアブストラクトを日本語でご紹介する刊行物です:
BJU International, International Journal of Urology,
LUTS: Lower Urinary Tract Symptoms, Neurourology and Urodynamics

新着情報-News-

  • Vol.2 No.5 February 2020
    • 間質性膀胱炎患者におけるハンナ病変再発のパターンと予測因子
    • 尿閉合併症を最小限に抑えるための自己腹直筋筋膜を用いた恥骨腟スリングの張力の最適化
    • 高齢男性患者における膀胱内圧尿流検査を用いた膀胱機能とサルコペニアとの関連性の検討
    • メタボリックシンドロームと喫煙は経尿道的前立腺切除術後の夜間頻尿持続と関連がある
    • 前立腺癌に対するアンドロゲン遮断療法と認知症のリスク
    • 血中循環腫瘍細胞の表現型により転移性去勢感受性前立腺癌における去勢抵抗性出現までの期間を予測する
    • unfavourable intermediate-riskからvery-high-riskの限局性前立腺癌患者において診断から手術までの期間が及ぼす影響の評価
    • 68Ga-PSMA-PET/CTは術後に再発を来した前立腺癌患者の管理法にどのような影響を及ぼすか?

Laryngoscope

Laryngoscope日本語版は英文誌として発刊されている耳鼻科関連論文の中から編集委員がセレクトしたものを和訳にしてご紹介したものです。

新着情報-News-

  • 2020年4月

    Vol.17 No.1 2020 日本語版

    2019年7月~2019年10月掲載論文

    [Full Articles]

    • 前庭虚脱症:神話か現実か
    • 覚醒患者の良性声帯病変に対する外来での治療手技:コンテンポラリーレビュー

    [Abstracts]

    • 人工内耳手術は認知機能を改善するか
    • 日本における世帯収入および教育レベルと難聴有病率の間の関連
    • 腫瘍成長速度:前庭神経鞘腫手術後の聴力温存の新たな予後指標
    • 超音波マイクロバブルを用いた中耳デキサメタゾンの内耳移行は騒音性難聴を緩和する
    • ベル麻痺と心・脳血管疾患のリスク:一般住民データベースの追跡調査
    • Modiolar Rotational Cheiloplasty:顔面中央部の楕円領域の神経麻痺に対する対応
    • 硬化療法およびプロプラノロール鼻内塗布:HHT による鼻出血の有効かつ安全な治療法
    • 歯性上顎洞炎に対する内視鏡下副鼻腔手術の最適時期
    • 早期声門癌の初期治療が再発時のサルベージ手術の予後に与える影響
    • 経口的ロボット支援手術法による輪状軟骨上喉頭部分切除術と輪状軟骨舌骨喉頭蓋固定術のハイブリッド手術
    • 側頭頭頂部のフライ症候群:一般的症候群のまれな亜型
    • 耳鼻咽喉科のハイプロファイル誌で女性が指導的立場に占める割合:1997 ~ 2017 年の動向
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

Head & Neck Radiology Imaging

耳鼻咽喉科医の扱う頭頸部外科の代表的病態の画像診断について解説いたします。

新着情報-News-

  • vol. 16 全身疾患の一部分症としての頭頸部病変

    尼崎中央病院 放射線科 松井 左千子 先生


    [主な内容]

    • 多発血管炎性肉芽腫症(旧名 Wegener肉芽腫症)
    • ランゲルハンス細胞組織球症(Langerhans cell histiocytosis;LCH)
    • サルコイドーシス
    • シェーグレン症候群
    • シェーグレン症候群
    • IgG4関連疾患
    • アミロイドーシス
    • 悪性リンパ腫
    • 結核
    • 転移性リンパ節
    • 菊池病
    • 木村病
    • キャッスルマン病
    • 猫ひっかき病
    • 文献
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

外部サイト -学術情報-

KYORIN REUTERS NEWS

ロイターニュースのなかから、「呼吸器・耳鼻咽喉科」「泌尿器」「小児科」「感染管理」の各領域における最新トピックスを厳選してお届けします。

新着情報-News-

  • 2020年3月30日
    • 治験薬であるgefapixantは慢性咳嗽を軽減する
    • コロナウイルス制御のために頻繁に手洗いをするようにとの警告を米国人は聞き入れていることが、ロイター/Ipsos社の世論調査で判明
    • 一部のCOVID-19症例では熱がなく、X線所見が正常なため診断が困難
    • HPVバイオマーカーは食道異形成や腺がんの生存期間改善と関連
    • 大気汚染が鼻炎を悪化させる
    • 特定の慢性疾患は高齢ドライバーの衝突事故リスクの増大と関連
    • 前立腺全摘除術は、がんを有する男性の死亡率のベネフィットにばらつきがある
    • MRIガイド下生検と超音波ガイド下生検を組み合わせることで前立腺がんの診断精度が向上
    • 新規モデルにより過活動膀胱患者の早期層別化が可能
    • 武漢の呼吸器感染症の小児でのCOVID-19例数は少ない
    • 貧困家庭の子供が家賃補助を受けると喘息発作に対するEDの使用が減少
    • 一部のCOVID-19症例では熱がなく、X線所見が正常なため診断が困難
    • 懸念される中で、日本はコロナウイルス検査に対する慎重なアプローチの正当性を主張
    • 麻疹免疫のない成人は致死的合併症に脆弱
    • 新型コロナウイルス(2019 coronavirus disease)の子宮内垂直感染のエビデンスなし
    • 胃酸分泌抑制は耐性菌による腸コロニー形成の確率を高める
    • 手術用ジャケットおよびブッファンキャップは高価であるが部位感染リスクを抑制する可能性は低い
    • 気候が温暖になることがコロナウイルスの封じ込めに役立つか
    • 肺炎に対する経験的抗MRSA薬投与で死亡率の増大がみられる
    • 新規ワクチンは移植患者におけるCMV関連合併症の予防に役立つ可能性がある
    • イソニアジド耐性TBの有病率の上昇は治療決定の要因となる
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。