学術情報

有益な医学・薬学的情報の提供を通して医療に貢献することを目的に、これらの学術情報を医療関係者の方々に提供しています。

学術情報には本邦における未承認の医薬品、効能・効果及び用法・用量等の情報が含まれる場合がありますが、これらを推奨するものではありません。

これらの学術情報を受領される際には、以下の内容をご確認ください。

  • 学術情報に記載された薬剤の使用にあたっては、各薬剤の添付文書(最新版)をご参照ください。
  • 学術情報は医療関係者からの求めに応じて提供するものであり、企業が積極的に提供するものではありません。
「耳鼻科」「呼吸器」「小児科」「感染管理」などの各領域の最新学術情報をご紹介しています。

E・N・T Flash

耳鼻咽喉科領域で Impact Factor の高い雑誌から厳選した最新学術論文の日本語アブストラクトをご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年07月 E・N・T Flash Vol.46
    1. 線維筋痛症、過敏性腸症候群、慢性疲労症候群は共通の上気道症状を有する
      Piersiala K, et al. JAMA Otolaryngol. Head Neck Surg. 2020 Apr 30;e200530. doi: 10.1001/jamaoto.2020.0530. Online ahead of print.
    2. COVID-19患者において嗅覚・味覚障害は一般的にみられる症状である
      Vaira LA, et al. Head Neck 2020 Jun;42(6):1252-1258.
    3. 頭頸部癌手術を行う際のフェイスシールドの着用はCOVID-19パンデミックで不足している時期には状況に応じて慎重に考慮すべき
      Chow VLY, et al. Head Neck 2020 Jun;42(6):1187-1193.
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

AJRCCM (ブルージャーナル)KYORIN SELECTION

ATSの学会誌であるAmerican Journal of Respiratory and Critical Care Medicineから、喘息とCOPDの論文を中心に毎月3報の日本語アブストラクトをご紹介します。

新着情報-News-

  • 2020年7月
    1. RSウイルス(RSV)への感染は気道上皮細胞のネクロプトーシス及びHMGB1放出を促進する
    2. アスピリン喘息におけるアスピリン過敏症及びロイコトリエン過剰産生に対するオマリズマブの有効性:
      無作為化比較試験
    3. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者におけるフルチカゾンフランカルボン酸エステル/ウメクリジニウム/ビランテロールによる全死因死亡率の低下
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

BVUT

BVUTは泌尿器領域の最新情報をお届けすることを目的とし,以下の英文より編集委員が医学的かつ科学的に公平な立場から選択した論文のアブストラクトを日本語でご紹介する刊行物です:
BJU International, International Journal of Urology,
LUTS: Lower Urinary Tract Symptoms, Neurourology and Urodynamics

新着情報-News-

  • Vol.3 No.1 June 2020
    • 排尿筋括約筋協調不全患者における機能的MRI:神経回路に異常があるか
    • 尿流動態検査により排尿筋低活動が認められ,低活動膀胱がある男性において,下部尿路閉塞解除手術により自然排尿は驚くほど回復可能である
    • 夜尿症の小児における昼間尿失禁の有無による尿流測定パラメータ,曲線パターン,下部尿路症状の不一致
    • 健康な地域在住超高齢者における歩行速度と過活動膀胱:須賀川研究
    • 限局性前立腺癌に対する密封小線源永久挿入治療後二次発癌(膀胱癌および直腸癌)の長期経過観察における発生率:大規模施設での研究・解析
    • ロボット支援腹腔鏡下前立腺摘除術を施行した患者10,000例における臨床的傾向の変化およびPSAスクリーニングに反対する2012 US Preventive Services Task Forceの声明の影響
    • 上部尿路上皮癌に対する腎尿管摘除術後の膀胱内再発に残尿量が及ぼす影響
    • ABO血液型不適合生体腎移植におけるリツキシマブに対する反応と抗体関連型拒絶反応の関連性

Laryngoscope

Laryngoscope日本語版は英文誌として発刊されている耳鼻科関連論文の中から編集委員がセレクトしたものを和訳にしてご紹介したものです。

新着情報-News-

  • 2020年4月

    Vol.17 No.1 2020 日本語版

    2019年7月~2019年10月掲載論文

    [Full Articles]

    • 前庭虚脱症:神話か現実か
    • 覚醒患者の良性声帯病変に対する外来での治療手技:コンテンポラリーレビュー

    [Abstracts]

    • 人工内耳手術は認知機能を改善するか
    • 日本における世帯収入および教育レベルと難聴有病率の間の関連
    • 腫瘍成長速度:前庭神経鞘腫手術後の聴力温存の新たな予後指標
    • 超音波マイクロバブルを用いた中耳デキサメタゾンの内耳移行は騒音性難聴を緩和する
    • ベル麻痺と心・脳血管疾患のリスク:一般住民データベースの追跡調査
    • Modiolar Rotational Cheiloplasty:顔面中央部の楕円領域の神経麻痺に対する対応
    • 硬化療法およびプロプラノロール鼻内塗布:HHT による鼻出血の有効かつ安全な治療法
    • 歯性上顎洞炎に対する内視鏡下副鼻腔手術の最適時期
    • 早期声門癌の初期治療が再発時のサルベージ手術の予後に与える影響
    • 経口的ロボット支援手術法による輪状軟骨上喉頭部分切除術と輪状軟骨舌骨喉頭蓋固定術のハイブリッド手術
    • 側頭頭頂部のフライ症候群:一般的症候群のまれな亜型
    • 耳鼻咽喉科のハイプロファイル誌で女性が指導的立場に占める割合:1997 ~ 2017 年の動向
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

Head & Neck Radiology Imaging

耳鼻咽喉科医の扱う頭頸部外科の代表的病態の画像診断について解説いたします。

新着情報-News-

  • vol. 17 頭頸部領域の嚢胞性疾患(先天性、血管腫、リンパ管奇形など)

    兵庫県立こども病院 放射線診断科 赤坂 好宣 先生


    [主な内容]

    • 頭頸部の嚢胞性疾患
    • 嚢胞性疾患と鑑別を要する小児の頸部疾患
    • 文献
注意:本誌はアメリカで出版されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。

外部サイト -学術情報-

KYORIN REUTERS NEWS

ロイターニュースのなかから、「呼吸器・耳鼻咽喉科」「泌尿器」「小児科」「感染管理」の各領域における最新トピックスを厳選してお届けします。

新着情報-News-

  • 2020年6月26日
    【呼吸器】
    • COVID-19は小児における喘息の管理に影響を与える可能性がある
    • COVID-19による死亡のリスク因子には肥満が含まれる
    【小児科】
    • COVID-19は小児における喘息の管理に影響を与える可能性がある
    • 軽度OSAを有する一部の小児には待機療法が適している
    • COVID-19は小児では異なるように見える
    • オランダコロナウイルス研究:小児はビッグスプレッダーではない
    【感染管理】
    • 乳児の免疫系は重症COVID-19を防御する可能性がある
    • COVID-19による死亡のリスク因子には肥満が含まれる
    • 医療従事者が患者からCOVID-19に感染することはごく稀である
    • 布マスクはCOVID-19の蔓延の阻止に役立つ可能性がある
    • COVID-19のパンデミック期間中、患者は病院でマスクを着用するべきか
    • 気管切開術は人工換気を受けている特定のCOVID-19患者に適している可能性がある
    • COVID-19の予防はパンデミック時の緊急ではない放射線診療を推進するはずである
    • COVID-19パンデミックは市中肺炎ガイドラインの再解釈を必要とする
    • コロナウイルス感染では微生物重複感染が少ない
    • ACE阻害薬、ARBはCOVID-19患者の高血圧症に安全に使用できることが研究で確認される
    【耳鼻咽喉科】
    • COVID-19による嗅覚と味覚の喪失は、以前考えられていたよりも好発
    • 英国は嗅覚および味覚の喪失をCOVID-19の症状リストに追加
    【泌尿器】
    • COVID-19疾患重症度に重要な患者関連因子
    • エンザルタミドは去勢抵抗性前立腺がん患者の生存率を改善
    • 進行前立腺がんを対象としたHERO研究において、レルゴリクスはより良好な去勢コントロールを示している
注意:本情報は海外で配信されており、国内の医薬品の承認条件と異なることがあります。