ライブラリ -専門医の症例から学ぶ泌尿器科疾患 男性編-

専門医の症例から学ぶ泌尿器科疾患_男性編

紹介内容には、解説者の知識、経験、方針に基づく私見が含まれている場合があります。薬剤の使用にあたっては、各薬剤の最新の電子添文をご参照ください。

総合監修コメント

監修のコメント

人間は年齢を重ねると尿路に関する症状の出現頻度が増加します。高齢化が進む本邦では、泌尿器科医はもちろんそれ以外の診療科の先生方も尿路に関する訴えを患者さんから聞く機会が多くなっていると思われます。これらの尿路症状から精査や治療の必要性を判断する必要があります。また、性別により下部尿路や骨盤底の構造と機能が同一でないことから対応が異なることもあります。診療技能のスキルアップには、実際に数多くの症例を経験することが重要ですが、他の先生が経験された症例から学ぶことも多いと思われます。

本コンテンツでは、横浜市立大学泌尿器科関連病院の先生方にご協力いただき、泌尿器科での診療においてよく遭遇する(泌尿器科専門研修プログラムにも取り上げられている)各種症状・徴候を伴う男性症例を提示いただき、鑑別診断をおこなうためのポイントなどをご解説いただきます。診断する上でのポイントをよりイメージいただけるよう提示いたしました症例については、鑑別画像・検査所見などを示し、必要な検査、間違いやすい疾患、治療なども含めた解説と、最後に担当した先生の実践的なコメントも掲載しております。

本コンテンツが若手の泌尿器科医ならびに泌尿器科以外の診療科の先生方の日常診療の参考となり、ひいては患者さんの利益につながれば幸いです。

横浜市立大学大学院医学研究科
泌尿器科学 教授
槙山和秀

すべての記事

尿失禁をきたす疾患

A4 2P (302.4 KB)

横浜市立みなと赤十字病院 泌尿器科 村上 貴之 先生

日常みられる尿失禁としては腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁が多く、男女比は3:7である。男性の場合は、この2つの尿失禁以外に溢流性尿失禁も考慮に入れなければいけない。非泌尿器科医のクリニックで、頻尿に対し抗コリン薬やβ3刺激薬を処方されることが多くなってきており、今回のケースのような安易な薬物投与による尿失禁出現や悪化もあることを知っておく必要がある。

(2024.1掲載)

尿閉をきたす疾患

A4 3P (281.1 KB)

済生会横浜市南部病院 泌尿器科 鈴木 康太郎 先生

尿閉とは膀胱に貯留した尿を体外に排泄できない状態のことを指します。原因は、下部尿路(膀胱・前立腺・尿道)における尿路閉塞によるもの、神経障害や薬剤性などによる膀胱排尿筋収縮障害によるものに大別されますが、両方の因子が重なって発症するケースも多くみられます。

(2023.11掲載)

血尿をきたす疾患

A4 2P (820.9 KB)

横須賀共済病院 泌尿器科 小林 一樹 先生

症候性の血尿の原因は悪性腫瘍でないケースが多いが、無症候性の血尿は若年であっても膀胱癌や腎盂尿管癌、腎癌の可能性があり悪性腫瘍を念頭に置いた精査が必要である。

(2023.9掲載)